騒音と小言

ファミリー層が許多物件に決めました。当節は、ご一統様全員ストレスフリーで生活しています。

全く、引越してよかったと思います。日毎、最上の階から英気のいい足音が外聞てきますが、全く気になりません(笑)。

住房を不動産分店に明け渡す際、少女も同行にいたのですが、「このマンションで、こんなポータブル少国民の足音でクレームがついたことなんて、方今までなかった」といわれました。下部の階の方が、かなり音韻に鋭敏なタイプだったのでしょうか。

転居末端は、もちろんこんなトラブルを起こさないために1階を選択。坊やが歩けるようになってから、何度か忠言を受け、その毎回吊り床に評判のいい防音マットを敷いたりして相応してきたのですが、ある頃、マンションの管理本社から、「このままだと訴訟も検討しているそうですよ」と言われ、泣く泣く転居を決意しました…。

原由は、マンションの左下の階からの騒音小言でした。本当はお引き移りつもりはなかったのですが、急遽新居を索敵不可欠が発生したのです。

先日、引越をしました。引越当日、上段の階の方にごあいさつに伺った時間、先方から「寵児がいる故、うるさいかもしれません…」と内輪にするがちに言われたから、「いえ、お互い諸士ですから!」とにっこり打ち解け顔で筆答ました。

缶ビールの激安通販ならココ!
[PR]

by ne1a49ct | 2014-06-10 23:28